by

銀行カードローンの審査とは?

銀行カードローンの審査とは?

銀行カードローンの審査は甘くなく、厳しいといえます。支払いの延滞中や金融事故情報などの履歴はあれば融資は通らず断られることでしょう。しかし、法律が改正され総量規制がある、年収3分の1の縛りがあることを考慮にするなら、銀行カードローンは身近にある借りやすいカードローンと言うことができます。
借り入れ利用件数が多く消費者金融では断られた人が、銀行カードローンで借りられたという話は少なくありません。また最近、銀行は個人向けの小口融資に対し積極的に融資を実施しています。では、銀行カードローンの審査は通りやすいのでしょうか?それは申込者の負債状況や属性にかかっています。たとえば、今現在の借入が年収の3分の1を超えている場合、銀行以外のノンバンク(消費者金融・信販・クレジット会社など)へ申込みしたとしても、借り換えやおまとめローンなどの特殊融資でないかぎり100%審査に落ちることでしょう。なぜなら、総量規制があり年収の3分の1以上の借り入れをすることができないからです。しかし、銀行カードローンの場合は、100%審査に落ちる可能性はありません。本当に返済能力があるなら年収の3分の1以上の借り入れをすることができるので審査が通る可能性はあります。銀行カードローン審査で重要なことは、銀行カードローンついている保証会社の審査に通るなら融資を受けることができます。たとえば、三井住友銀行カードローンにはSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスという保証会社が、みずほ銀行カードローンにはオリコという保証会社がついています。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.